和のトレンドをつたえるウェブマガジン

和風通信

カテゴリ:和風ニュース > 着物

永楽屋
永楽屋代表 14世 細辻伊兵衛


まさに体当たり。創業400年の京都の手ぬぐい店・永楽屋の代表、14世細辻伊兵衛が手ぬぐいコスプレで天草四郎に、鯉にまたがる泳ぐ天狗に…。

手ぬぐいの可能性を体当たりでとことん追求していったらアートになったという展示が東京と京都で開催される。

1615年に創業した永楽屋・細辻伊兵衛商店は2015年、創業400年を迎えた。

現当主である14世・細辻伊兵衛は経営危機時に婿養子として永楽屋に入社した。14世を襲名後、様々な改革に乗り出し、手ぬぐいの価値再生に挑戦。
 
琳派400年の節目も迎える2015年、細辻伊兵衛は琳派精神へのリスペクトも込め、新たな手ぬぐいの可能性を体当たりで追及する。永楽屋当主の個展「京都【永楽屋400年】14世・細辻伊兵衛てぬぐいアート展」だ。
 


永楽屋
「ワインを飲む天草四郎」





開催概要 

名称:
京都[永楽屋400年] 14世・細辻伊兵衛てぬぐいアート展 

開催期間:  
東京展:2015年6月25日(木)~ 6月28日(日)
午前11時00分~午後8時00分
京都展:2015年7月1日(水)~ 7月7日(火)
午前10時~午後8時
※東京、京都展共に入場無料

場所: 
東京展 
スパイラルガーデン
東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F


京都展
京都高島屋1Fエントランス「ゆとりうむ」
京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52番地



 


展示内容:

永楽屋が400年間、時代変化に常に自己革新的に臨んできたことに思いを馳せる。展開テーマは「メタモルフォーゼ(変容)」だ。手ぬぐいの更なる進化可能性探求と14世自ら手ぬぐいパーツによるコスチュームプレイで臨界点を追及、手ぬぐいの未来を叩き出す。


14世新作・漆黒てぬぐい『La’CRO ”樂黑”』

14世オリジナル・三畳茶室『La’CRO-AN ”樂黑庵”』

14世新作・ロングてぬぐい(12.5m)
・昇龍
・長刀鉾(祇園祭祭礼鉾部原寸再現)
・春秋(新緑~紅葉かえでグラデーション)など

14世オリジナル作品「てぬぐいメタモルフォーゼ(ロングてぬぐいが掛軸の絵から延びて振袖に化け、巻物の絵に現れやがて扇子となるてぬぐい変身作品)」

六曲一双屏風(京の12か月 ※復刻てぬぐい)

14世オリジナル・インスタレーション(無数のロングてぬぐいによるウエーブ・インスタレーション)

14世オリジナル変身(「天草四郎」や「鯉にまたがり泳ぐ天狗」など…コスプレ衣装+小道具)
 

永楽屋
「鯉にまたがり泳ぐ天狗」



永楽屋400年歴史的資料、映像コーナー、永楽屋ショップコーナーなど


永楽屋ウェブサイト 
http://www.eirakuya.jp
細辻伊兵衛Blog
http://eirakuya.jugem.jp


 

■関連書籍

shiseido

斬新な柄が目に飛び込む。この浴衣は、資生堂の最新の美容提案が集まった「SHISEIDO THE GINZA(東京都中央区)」のスタッフ用に2014年夏に作られたものだ。伝統的な文様をモダンにデザインし直し、友禅板に一反ずつ生地を貼って型をおくりながら染め上げされたもので、今年一般に限定販売されることが決まった。

浴衣 仕立上がり 38,000円 反物 30,000円 (受注は2015年5月21日より)

このインパクトあふれる浴衣を提案する「SHISEIDO THE GINZA」は、2015年6月6日(土)に、この夏おしゃれにゆかたを着こなしたい女性たちのための特別セミナー「今年は自分で着られるようになる!ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」を、資生堂花椿ホール (東京都中央区) で開催する。

このセミナーでは、資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト鎌田由美子による、ゆかたに合うヘア&メークのレクチャーと、初心者でも手早く自分で着付けができるようになるための実習をする。

セミナー冒頭には、自分に似合うゆかた選びに参考になる、柄、染め、素材といったゆかたの基礎知識を、上記写真の浴衣をデザインした株式会社西岡ペンシル(東京都港区)の西岡範敏が語る。当日は、この会場でしか試着できないSHISEIDO THE GINZAオリジナルゆかたの受注会も行う。
 

西岡範敏
浴衣のデザインをした西岡ペンシルの西岡範敏




セミナーは、10:30~と13:30~の2回開催し、各回定員35名。参加費用は、一人3,000円 (税込)。申込みは、5月18日(月)より専用電話で受付けている (平日10:00~18:00受付)。初日から申込みが相次いでいるそうで、この記事の掲載時点で締切の可能性もある。定員になり次第、締め切るそうだ。


「今年は自分で着られるようになる!ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」 

主催:SHISEIDO THE GINZA
開催日時:2015年6月6日(土) 10:30~、13:30~ (2回開催 各回約2時間)
開催場所:資生堂花椿ホール (東京都中央区銀座7-5-5 資生堂銀座ビル3階)
受付人数:各回定員35名 ※中学生未満の人は参加出来ない
参加費用:3,000円 (税込)
特典:「アイブローデザイニング」チケット
SHISEIDO THE GINZA 2階のヘア&メーキャップサロン「ビューティーブーストバー」で提供している人気メニューで、ヘア&メーキャップアーティストによる眉カットと眉メーク が受けられる (通常価格:税込2,160円/所要時間:約15分)

内容:
1 ゆかたの柄と染めのお話(講師:西岡ペンシル代表 西岡範敏)
2 ゆかた美人!と言われるポイント伝授2015(講師:資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子)
3 ゆかたに似合うヘア&メーキャップワンポイントアドバイス(鎌田由美子&ビューティーブーストバー)
4 自分で15分で着られるようになる ゆかた着付け実習会~基本的な着付けから、着くずれ対策まで~(協力:市田株式会社)
5 SHISEIDO THE GINZAオリジナルゆかたをはじめ、各種ゆかたや帯、和装小物の紹介(試着、予約受付可)

持ち物:当日はゆかたの着付け実習をおこなう。ゆかたと肌着を持参とのこと。

・ゆかた…持っている人は着付けに必要なもの一式を持参。持っていない人には貸出しがある。
・肌着…ゆかた用肌着を持っている人は持参。持っていない人は、スリップや、キャミソールにペチコートなどを、持参または着用の上来場を。当日会場にゆかた用肌着も用意されている (有償)。

申込方法 
下記URLに掲載されている「セミナー受付専用」電話にて受け付けている。参加者の氏名、住所、電話番号、ゆかたの有無を知らせる。追って、案内状が送られる。

受付開始:2015年5月18日(月)<10:00~18:00> ~ 定員に達し次第締め切り ※5/20および土日祝をのぞく平日のみ
 


SHISEIDO THE GINZA
住所:東京都中央区銀座7-8-10 1-3F
営業時間:11:00-20:00 不定休
http://stg.shiseido.co.jp/?rt_pr=tr325




■関連書籍
浴衣をデザインした西岡ペンシルの書籍

へんで、いいよ。
西岡 範敏
西岡ペンシル出版部
2010-07-10



内容紹介(amazon.co.jpより)

「へん」でもいいじゃない。
奇天烈なことOK。ねじれたことOK。予測出来ないことOK。
妄想OK。そんなことこそ素敵で愉快。
合理性や予定調和なことばかりが当たり前のように
いいとされる世の中なんてつまらない(ハズ)。
価値観の相違が争いの発端だなんて・・・。
自分にだけしかないものを持っているが故の孤独感なんて・・・
悲しいじゃない。「へんで。いいよ。」はそう思います。

アートディレクター西岡範敏とフォトグラファー腰塚光晃を中心に
広告、ファッションの世界で活躍する仕事人達のコラボレーションが
子供達や心ある大人達の捨て切れっこない好奇心を
たっぷりと刺激する。リアルとファンタジーを行き来する、
「へん」なストーリーのオムニバス「写真絵本」。

Model:高橋マリ子 文庫版変形サイズ

Art Director:西岡範敏 Photographer:腰塚光晃 Stylist:飯嶋久美子 Hair:TAKE Make:MINA Make:YUKI Hair & Make:Takahiro Hashimoto

y.&sons

遷座400年の記念大祭で盛り上がった神田神社(東京都千代田区)の参道入口に、ひときわ目立つショップがオープンした。

参道入口なので、祭の最中はたくさんの神輿がこのショップの前を行き来した。

紋が店頭にデザインされたこの店は、着物の販売をする株式会社やまと(東京都渋谷区)の新しいブランド Y.&SONS  だ。

日常に、「わざわざ、きものを着る」という非日常を取り入れる。 というアイデアをもとに、おもに男性向けの和装品が並ぶ。
また、コム デ ギャルソンの財布など、 Y.&SONS の独自の視点で着物に合わせたい小物もセレクトされて販売されている。

神田神社の鳥居にもまけない迫力ある店頭デザインに息をのむ。タンスに眠っている和服をまた出してみようという気にさせるだけでも Y.&SONSのアイデアは大成功ではないか。


Y.&SONS
東京都千代田区外神田2-17-2 

BlogPaint
髪飾りもパールがトレンドとか (株式会社佐野 出展作品)


和装をするとき、髪飾りの印象は場合によっては着物よりも強く、またトレンドも年ごとに大きく動くという。

和装などの髪飾りを専門に扱うメーカーなどが加盟する、東京髪飾品製造組合という団体がある。

東京のなかでも台東区や墨田区といった下町地域で活動するメーカーがこの組合に加盟している。そんな組合加盟のメーカーが新作を発表する「第42回TKK2015年新作発表会」 が2015年5月14日(木)まで、東京都立産業貿易センター 台東館(東京都台東区)で開かれている。


髪飾り

人気は「小さい花のセットもの」

発表会に出展している株式会社オザワ(東京都台東区)によれば、タレントの沢尻エリカが結婚式で採用して以来人気となった大きめの花を大胆に髪飾りにする流れから変わり、「小さい花が各種セットになった」髪飾りが人気だとか。お得感もあり、人の髪飾りと重なりにくい組み合わせを選べるのかもしれない。



髪飾り 大野商店

お役立ちアイテム登場 

伝統を守るだけでなく、新しい取り組みも活発だ。有限会社大野商店(東京都台東区)では、ピン型の髪飾りを帯飾りにする顧客が多いことに注目。

そんな顧客から、ピンの先が帯の間で刺さったり、帯に傷をつけたりすることが多い、という声を聞き、ピンをプレートにさしこむだけで帯飾りになるアイテムを開発。小売店の反応が楽しみだ。
 

大野商店
髪飾りの新アイテムの説明をする大野商店・大野光照社長
 

飲食店接客業からの声

髪飾り

写真のような金属のかんざしは、「水商売のかたから好まれる」(株式会社佐野 佐野大輔社長)とのことだ。夜の飲食店の室内を一層華やかにするかんざしだが、大きさは「大ぶりを」という要望が多いのだとか。

髪飾りというと七五三や成人式で使われるという以外にシーンが思い付かないが、毎日飲食店で使われ、客にアピールをする重要な接客アイテムでもある。

気になる髪飾りのトレンドが満載の展示会だが、残念ながら公開は取引先などの関係者のみ

展示会場には多くの若年層の関係者も訪れていて、伝統品を受け継ぐ次世代の関心も高そうだ。



■和風通信が選ぶ関連書籍





渋谷の結婚式


京都や浅草など、人力車と和装での結婚式が出来そうな場所はなんとなく想像が出来る。もう少し意外な場所を…とのことで、渋谷にあるホテルが、109やスクランブル交差点での人力車での撮影をプランに盛り込んだ結婚式を発表した。

セルリアンタワー東急ホテル (東京都渋谷区) は、婚礼撮影の新オプションプランとして「人力車に乗って花嫁衣裳で渋谷散策!」を発表(150,000円税込~)。

ウエディング仕様の人力車に、婚礼衣裳に身を包んだ新郎新婦を乗せし、渋谷周辺を約60分ほど散策しながら、ホテル外観やスクランブル交差点でのウエディングフォト撮影を行う。また、披露宴のアトラクションに「人力車入場演出(80,136円税込)」も用意されている。
 
 
スクランブル交差点


2015年6月1日(月)以降実施のセルリアンタワー東急ホテルでの披露宴で対象となるオプションだという。

内容
1.渋谷周辺での撮影3ヶ所+3ルートより選択可能な「渋谷散策」計約60分+撮影した画像でのフォトフレーム作成
 
2.披露宴の入場演出として、新郎新婦が人力車に乗って入場。※ボールルームでの披露宴限定

料金
1. 150,000円。
※和装前撮りプラン「PHOTO SELECTION」(145,800円~189,000円。平日限定)
もしくは他披露宴プランとの組み合わせが必要。
 
2. 80,136円
協力:佐藤写真、時代屋、TAKAMI BRIDAL、山野愛子美容室

ウエディングに関する予約・問い合わせ先:

※表示の料金は税込。



■関連雑誌
内容紹介(amazon.co.jpより)
巻頭特集は母から娘に受け継ぎたい大切なもの。レギュラー企画「旅する和婚」は箱根・伊豆・熱海エリア情報。

↑このページのトップヘ